何を使って見るのか

IDパスワードの管理

何を使って見るのか IDやパスワードの流出が社会的に問題となっています。
インターネットから様々なサービスを利用されている方も多いです。
その時にIDやパスワードを入力することで個人のページや特定のサービスを利用できるようになっています。
しかしその管理が企業でも個人でも徹底されていない事もあります。
企業の社員が誤ってその情報をインターネット上に公開してしまったり、また不正アクセスによりそれらの情報が第三者に見られてしまうケースも発生しています。
それらが恐ろしいのが一つのIDやパスワードを入手することであらゆるサイトでそれが適用される可能性が高くなるという事です。
複数のインターネットサイトで個人のページや特定のサービスを利用している方は多いです。
しかしながらそれらの複数のサイト全てで同じIDとパスワードを使っている方は少なくはありません。
それはいちいち異なるIDとパスワードを設定してしまうと自分自身が覚えておくことが出来ないからです。
しかし万が一自分のIDとパスワードが流出してしまったときのことを考えてみましょう。
もしもそのインターネットサイトだけで使っているものであれば被害が大きくなることを防げます。
しかしそうでない場合は他のインターネットサイトでも悪用されてしまう危険性が高まるのです。
それなのでIDやパスワードはサイトごとに変えるのが望ましいのです。